ワイキキ

ワイキキ近辺のサーフスポットを解説します。

CANOES(カヌーズ)

Break
ライト
Botoms
リーフ
Swell
Tide
ロー、ミドル
Offshore
北、東
Level
初級、中級、上級
Season
通年(特に夏)

ワイキキを代表するブレイク。ちょうどハイヤットリージェンシーの前あたり。南よりのうねりを受けてブレイクする5〜8月がメインだが一年を通してのサーフィンが可能。ボトムがリーフだが、メローなブレイクな上、リーフ自体がフラットなので初心者でも安全にサーフィンを楽しめ練習にははもってこい。サーフレッスンや初心者、初級者で溢れているので周りのサーファーに注意が必要。またカヌーの通り道であるのでカヌーに引かれない様に!

QUEENS(クイーンズ)

Break
ライト
Botoms
リーフ
Swell
南、南西
Tide
ロー、ミドル
Offshore
北、東
Level
初級、中級、上級
Season
通年(特に夏)

デューク・カハモクの銅像の左手沖がクイーンズ。クヒオビーチの奥に当たる。カヌーズに比べてブレイクポイントが狭い為、ローカルで賑わっている。ブレイクはライト、レフトともにあるがどちらかというとライトがメイン。ローカルが愛すワイキキのポイントなので、譲り合う心を大切に。ちょっと上手になってから行きましょう。

注意

クイーンズの左隣、カパルフ堤防の沖は"ザ・ウォール”と呼ばれるポイントだがこちらはボディボード専用。サーファー諸君は入らないように。