パドリング

サーフィンは95%がパドリングで決まると言われています。パドリングが正しく出来れば、どんどん波をキャッチできます。

基本

  1. ボードとあごの間にlこぶしが2〜3個入るくらい、思い切り海老反ります。
    こうすることにより、背中の大きな筋肉を使ってパドリングが出来ます。
  2. 肩の力を抜きます。方に力が入っていると、ボード上下し、掻き出す力が無駄になります。
  3. 指を軽くそろえ、一番遠いところに、人差し指からひじまで水に入れます。
  4. ボードの下の水を力強く掻き出します。
  5. 手がおへその下を通過したら、フォロースルーは惰性にまかせます。
  6. 足は必ず揃えること。

テイクオフ

波に乗れたと思ってもあと2かき掻きましょう。

ゲッティングアウト-沖に出るとき

スイートスポットより心持ち前に乗ると、スピードが乗ります。