手のつく位置

テイクオフするときに大事なのが、手のつく位置です。手をつく場所は、腰のあたりです。ボードの浮力の中心あたりです。

位置が前すぎる

手をつく位置が前すぎると、パーリングしてしまいます。重心が、ボードの前にかかってしまった場合、パーリングしてしまいます。また、体を起こすことが出来ません。

位置が後ろ過ぎる

手をつく位置が後ろ過ぎると、波において行かれてしまいます。失速して波において行かれます。

手をつくタイミング

完全に波に乗ってから手をつきます。タイミングが早すぎると、波において行かれます。最後の2かきを忘れずに。

手をついたら

同時に体を起こします。前足は手の間くらいに持ってきます。