ハワイウエディング/海外挙式

参列者の方へレイを贈る

wedding_header.jpg(67082 byte)

ハワイではレイを贈ることは、愛を意味します。

レイはハワイを代表する花や、草花の種・貝殻・鳥の羽等から作られますが、も ともとただの飾りではなく、自然からマナ(霊力)を引き出す為に、贈り主の手 で思いを込めてつくられてきました。

ハワイでは、あらゆる儀式や行事のときにレイを身につけたり、花束の代わりに レイをあげる習慣があります。挙式に参列いただくご親族様・ご友人様に、思い を込めたレイのプレゼントはいかがでしょうか?


イリマ・レイ

イリマは、オアフ島の州花です。5枚の可憐な花びらは紙のように薄いのですが、 実はとても丈夫で強い花です。その薄い花びらを使って作るレイは1重のレイを 作るだけで、なんと700〜1000枚ものイリマの花びらが必要です。それゆえに、 昔は「王族のレイ」と呼ばれ、上流階級の間で伝統的な贈り物として親しまれて いました。イリマのレイには「あなたを誇りに思います」という意味が込められ ています。またハワイでは「妊婦さんがその花びらを口に含むと、きれいな女の 子が生まれる」という言い伝えや、フラの女神 ラカがイリマに変身したという 神話もあります。


オーキッド・レイ

ハワイで最もポピュラーなレイの一つ。レイに使われるオーキッド(蘭)は、デ ンドロビウム・オーキッドとマウナロア・ベンダ・オーキッドという2種類。 デンドロビウム・オーキッドはとても丈夫な花で、色は白、黄色、紫、ラベンダー があります。空港などで観光客の皆さんを歓迎する時のレイもこのオーキッドが よく使われます。

中でも白いオーキッドは、結婚式で使われ、白のダブル(二重) ・スタイルが花婿や花嫁の母親、白のシングル(一重)・スタイルはウェディン グの介添え役の人たちが身につけます。 マウナロア・ベンダ・オーキッドは、色は白または紫。

花が繊細で、たくさんの 花を密集させて作るので、ボリュームのある仕上がりとなります。 同じオーキッドでも、デンドロビウム・オーキッドとマウナロア・ベンダ・オー キッドでは見た感じが違ってきます。

オーキッドレイには「思いやり」「まごころ」「純潔」という意味が込められて います。


プルメリア・レイ

ほのかな甘い香りで多くの人々に愛されているのがプルメリアのレイ。色は外側 が白で花の中心部分が黄色というのが代表的ですが、その他にピンク色などもあ ります。大ぶりな花をそのまま使うので、一重でも存在感のあるレイですが、二 重にすると更にボリュームがでて、豪華なレイになります。 プルメリアレイには「気品」そして「内気な乙女」という意味があるそうです。


ククイ・レイ

ハワイ州の州木です。 その昔、真っ黒(または茶色)に輝くククイのレイ作りには、非常に複雑で長時 間にわたる作業が必要だった為、上流階級アリ・イのみ着用することができたそ うです。

ククイの木は遠くから見ると銀色に光っているように見えることから、不思議な パワーが宿っているとされています。

ククイの黒く輝く実に、銀緑色の葉や茎、また小さな白い花を一緒にしたレイは 主に男性に贈られます。


ジンジャー・レイ

多くのフラの曲に「愛する人」の代名詞として歌われ続けているジンジャー。ハ ワイ語ではアワプヒと言います。信頼・慕われる愛・豊かな心などの意味を持つ ジンジャーは香り高い、また格調高いレイとなります。


チュべローズ・レイ

とても繊細な花ですが和名では「月下香(ゲッカコウ)」と呼ばれ、香りが強く かなり長持ちします。その香りにはヒーリング効果もあると言われています。 シングル(一重)のレイでも約40個の花が必要で、結婚式には新婦が頭につける 花輪の「ハク・レイ」によく使われます。


カーネーション

白いカーネーションは、清らかさの象徴として女性へ、赤は強さ、力の象徴とし て男性へ贈る。結婚式ではピンクやオレンジ色などが人気

 

<<<<新郎・新婦用>>>>

ピカケ・レイ

ピカケは、ハワイ王朝最後の王位継承者、リリウオカラニ女王の姪であるプリン セス・カイウラニが一番好きだった花です。開花前の真珠の粒のような白い花か らはうっとりするような強く甘い香りが長時間放たれます。 ピカケはもともとは女性に捧げる花で、ハワイ王朝時代にはクイーンやプリンセ スが約150〜180センチもの長さのピカケ・レイを20本くらい一度に身につけたと も言われています。ピカケレイは本数によって意味が変わり、1〜2本で「友情」、 3〜4本で「ロマンス」、5〜6本で「愛しています」、6本以上になると「プロポー ズ」の意味になるそうです。 新婦のレイとしても有名です。(3本つけるのがい いそうですよ)


マイレ・レイ

レイの中でも、マイレ・レイはハワイの人々にとって特別な意味を持つレイと言 えます。古代、敵対する部族の首長同士が平和協定を結ぶ際に、このマイレのつ るを結び合わせ、2つのグループの間でしっかり平和を約束した証としました。 また結婚式では新郎と新婦の手をこのレイで結び、"神聖なる結びつき"を表現し ました。現代では新郎が身につける代表的なレイとして知られています。 緑のマイレの葉に合わせてピカケやイリマといった花を一緒に編み込むこともあ ります。マイレ・レイはフラの女神「ラカ」のエネルギーが入れるように、端と 端は結びません。


<レイの贈り方>
レイのスマートな贈り方は、まずレイを両手で持ち、正面から相手の首にかける。 そして相手の頬に軽くキス!これがハワイ伝統の正しい贈り方です。

<ワンポイントアドバイス>
レイにはリボンがついてますが、これは鎖骨に乗るようにかけます。指輪と一緒 で右が未婚、左が既婚の意味になります。写真撮影の時などちょっと気をつけて みましょう。

ハワイウエディングののご質問、ご相談はお気軽にaloha@a-a-f.com までメールにてお問い合わせ下さい。