子連れde行けるレストラン

レストランに行く前に

*年齢別お店選び

旅の楽しみの一つが食べること。子連れだって一緒です。美味しい物を楽しく食べたいですね。ハワイでは「ケイキ(Keike)メニュー」を 設定しているお店がたくさんあります。 ケイキとはハワイ語で「子ども」の意味。とくに何才までがケイキメニューと決まっているわけではありません。 レストランへは、他のお客さんの雰囲気を損なわないだろうと親が自信を持っていれば子どもを伴っていく事も可能です。 そうでなければ、ケイキメニューを設定しているレストランを選べばOK。

マナー

ドレスコード(服装制限)のあるお店は、子連れは遠慮するのがマナーでしょう。欧米社会は大人と子どもの生活空間を きちんと区別するところから成り立っています。そうした本格レストランで食事をしたいときには、子どもたちは ベビーシッターに預けて出かけましょう
ディナーの場合、ほとんどのお店が要予約です。電話での予約の際に「May I take my kids?」と確認することで、 子どもを連れて行っていいかどうかを判断できます。

予約は簡単

レストランの予約は難しくありません。ほとんどが英語での電話受付ですが、やさしい英語だけですので、メモでも 作っておいてゆっくり落ち着いて電話をかけるといいでしょう。時刻と人数(子どもがいればその旨も)、そして自分の名前 (宿泊ホテルを聞かれる事もあります)を告げます。

アドバイス やさしい予約電話

I would like to make a reservation this evening at 8 for 3 persons.
(今夜8時に3人の予約をお願いします)
Do you have a keiki menu?
(子供用メニューはありますか?)
Do you have a high chair?
(子供用のイスはありますか?)

さて、次ぎは実際にレストランに行ってみましょう。
コラムへGO