旅の準備

パスポート

パスポート

以前は、乳幼児については親のパスポートへの併記が認められていましたが、現在は0才の赤ちゃんも独自のパスポートが必要です。(字が書けない子供の署名は親が代行。)
20才未満は容姿の変化が著しいので、5年間有効のパスポートのみです。

体験レポ

うちは5ヶ月のときにパスポートを撮りましたが、当然ですがじっとして写真は撮らしてくれません。シーツをひいて寝かせて上から撮ったりしてみましたが、規格の顔の大きさで撮るのは至難の業。結局は写真館に行って撮ってもらいました。(朋)

必要書類..

  • 一般旅券発給申請書
  • 戸籍謄本一通
  • 住民票一通(住民基本台ネットワークシステムを運用している都道府県は原則不要となりました)
  • 写真(45mmx35mm、顔の大きさが約34mm、背景は無地、笑い顔やサングラスは不可)
  • 身元を確認する書類
  • 官製はがき1枚。
  • 印鑑(訂正がある場合には必要となります)

費用

5年間有効  20才以上 11,000円  20才未満 6,000円
10年間有効 16,000円

子供の体調管理

旅先での健康を考えたとき、出発前から体調を整えておくことが一番です。
体力があり十分な免疫力があれば、多くの人は風邪ウイルスを吸収しても、不顕性感染という形で発病することなく、風邪に対する免疫が出来るのです。

ハワイへ旅立つ前に多忙であって、疲れていたり、親の不注意により子供の体調不良、体力低下に気づかなかったりすると、免疫低下を招き、出発直前や、着後すぐに風邪の洗礼を受けることになるでしょう。

時差のため食事が不規則になり、旅の緊張から食べるタイミングを失って食事の摂取不足があったりすると、半日くらいのうちにお腹が痛くなってきたり、吐き始めたりすることもあります。こんな自家中毒のときはジュースなどを少しずつ飲ませるのがよいでしょう。

小さな子供を遠い旅路に連れ出すときには、子供は環境適応能力に乏しいことを念頭に入れて、それなりの対策を考えておくことが必要です。