知っておきたいマナー

幼児虐待とみなされる行為

未成年者の福利を危険にさらした罪

子供だけ部屋で留守番というのはハワイでは法律違反です。 日本人には耳慣れない法律ですが、ハワイ州法の一つに、「未成年者の福利を危険にさらした罪」というのがあります。これは簡単にいうと、「12歳以下の子供を、13才以上の保護者なしで放置して危険な状態にさらすと、親や保護者が逮捕される」という内容のものです。このためハワイでは、学校や幼稚園への行き帰りにもわざわざ保護者同伴が義務づけられているほど。学校から帰った後も、いわゆる日本の「カギっ子状態」は許されず、親が働いている場合でも必ずベビーシッターなど誰かしらお守りをする大人がケアするか、アフタースクール・ケアのような施設で大人の保護下に置かれなければならないのです。 ホテルのロビーなどの公共施設でも子供をひとりにしてはダメ

日本とは異なる法律や慣習

日本では「小学生同士がお菓子屋さんでお買い物」「小学生のお兄ちゃんが5歳の妹を歯医者に連れて行った」「子供が学校からひとりで塾へ」「母親が買い物中、兄弟でお留守番」なんて、当たり前のですよね。ところが、こういったことはハワイでは完全にタブー。法律違反にさえなってしまうのです。こういう事情を知らず、日本のパパ&ママの中には、ハワイでもつい子供を置き去りにしたり子供だけで行動させて、トラブルに巻き込まれるケースも多々あり、 実際に以下のようなトラブルが起きています。

  • 子供がホテルの部屋で留守番させられ、泣き声を聞きつけた従業員が警察を呼んだ。
  • 乳児が部屋に15分置き去りにされ、隣人が警察に通報。
  • ショッピングセンターのキャラクター・ショップに子供を置いて親は別の店に買物に出かけ、店員が警察に通報。
  • 夜中に子供を部屋に残して出かけた母親。数時間後に帰ったところを逮捕された。
  • ホテルのロビーに子供を数十分置き去りにして、公衆電話を使用していた母親が逮捕された。

保護者なしに子供同士で遊ばせることもハワイでは御法度!

日本でもよく似た法律として、刑法に「保護責任者遺棄罪」という罪があります。これは簡単にいえば、「保護すべき立場にある者(たとえば親などの法定代理人)が、果たすべき義務(扶養、養育など)を果たさなかったために罰せられる」というものです。ただ日本での運用よりハワイの方がかなり広く解釈され、より厳しいので、どんなところでも必ず保護者の方が同伴するようにしてくださいね。 プールヤ海では危険性が増すため、なおさら大人の監視が必要です

常識を駆使して、楽しい思い出を

「日本では、みんな子供同士で遊んでいるのに。うちの子はもうお兄ちゃんだから、絶対大丈夫」なんて思っているかもしれませんが、仮にこんな州法がなかったとしても、ハワイで子供から目を離すのは危険です。ハワイといえどもアメリカです。やはり世界一安全な日本とは治安が違います。特にオモチャ屋やゲームセンターなど子供の集まる場所は、アメリカでは子供好きの犯罪者も集まる所として知られています。「子供をオモチャ屋で遊ばせている隙にブランドショップ巡り」なんて、もってのほか。

同じように、子供だけでビーチやプールに行かせることが危険なことも、言うまでもありませんよね。ホテルの部屋だって同じです。数年前にも、両親がランドリー・ルームで洗濯中、一人残された子供が部屋の窓から墜落するという悲しい観光客の事故が発生しています。 「郷に入れば郷に従え」。そして自分の子供は自分で守る! せっかくの家族でのハワイバケーションなんですから、ハワイの常識を頭に焼き付けて、楽しい思い出をたくさん持ち帰ってくださいね。

知っておきたいマナー

日本人は、本当にマナーが悪い? ガイドブックなどに、日本人観光客のマナーの悪さが声高に指摘されています。ハワイでも、「日本人は・・・」という声をよく耳にします。人間が生活していく上で他人に迷惑かけないということは、国の内外を問わず大切な事です。決して開き直っているわけではないのに、単に知らない事が、他者から見ると著しく不快になる場合にマナー違反となるのです。必要以上に神経質になる事はありませんが、マナーを守って楽しい旅行をしましょう。

典型的なマナー違反は
  1. ホテル・コンドのラナイに洗濯物を干すこと。ランドリー・ルームの乾燥機または、バスルームにロープが付いているので、それを利用しましょう。
  2. 他人に向かって指差す事
  3. トイレの並び方。トイレのドアの前に並ぶのではなく、入り口から入ったところに並び順番を待ちます。
  4. 歩きながらの喫煙
  5. 公共の場で、子どもが走り回ること
  6. バッフェで食べきれないほど皿に料理を取って残してしまうこと
  7. レストランなどで大声で談笑する
  8. 定価販売のお店で値引きを要請

チップに関して

日本人がハワイで評判が悪いといわれる一番の原因はチップのこと。日本国内ではチップの習慣が無いため、ついうっかり忘れてしまう事が多いようです。アメリカ社会では、サービスに対する対価として、料金の10〜15%のチップを支払うのが社会習慣として定着しています。ことに、サービス業に従事する人々にとって、チプは大きな収入源。したがって、そのチップを忘れがちな日本人には風当たりも強いという事ではないでしょうか。