スクール

ハワイアンカルチャーを学ぼう〜

*

ハワイ滞在中に是非体験して欲しいのが、フラ、ハワイアンキルト、レイメーキングといったハワイの固有文化。
いずれもハワイアンライフに密着した文化であり、先祖代々受け継がれ、ハワイの伝統として根付いている。その文化を学ぶことによって、ハワイの歴史に触れることができ、アロハスピリッツを感じることができるはず。
ハワイアンカルチャーを学べば、きっと、ハワイがもっと好きになる。

ハワイの伝統舞踏〜フラ

かつては神々への捧げ物だったといわれるフラ。
現在では、カヒコ(古典フラ)とアウアナ(モダンフラ)の2種類のフラがハワイの人々に愛されている。

カヒコは昔の神事に使われていた。当時は楽器が発達していなかったため、打楽器(ひょうたんから作ったイプヘケやパフドラムなどでリズムを刻み、歌も2音程のみ。お経のような歌で、ティーリーフなど簡素な衣装をつけて踊ったらしい。
アウアナはフラが一般に解禁になった後、いろいろな楽器・音楽で思い思いのお花や服を着て踊りだしたもの。
また、現在は大別するとふたつのフラの世界がある。
ひとつは「ハラウ」と呼ばれるフラ教室に所属し、メリー・モナーク・フェスティバルに代表されるフラ大会目指すような本格的なフラの世界。
そしてもうひとつは、健康や娯楽を目的としたり、留学生や旅行者がフラに触れてハワイ分かを知ろうという、いわばレクリエーションのフラ。

AAFでは体験型フラレッスンから古典フラまでのスクールをご案内します。

体験型フラレッスン
古典フラレッスン

ハワイ音楽の真髄〜ウクレレ

ハワイで生まれた楽器だけあって、地元の人々はウクレレが大好き。ショッピングセンターやビーチへ行くと、必ずといっていいほど、ウクレレをポロンポロンと慣らしながら歌う人たちの姿を見かける。あんなふうに気軽にウクレレを弾けたら、ハワイ滞在がもっと楽しくなりそうだ。
習える場所としていちばん手っ取り早いのは、ワイキキに数店舗あるウクレレ専門店。どの店でも、ウクレレを買っても買わなくても参加は自由という無料のレッスンをおこなっている。

想いを込めた手工芸〜ハワイアンキルト

ハワイアンキルトは、1枚の布地の上に切り抜いた柄を乗せてアップリケする。そして柄の内側と齟齬田和に、幾重にもキルトラインを重ねる「エコーキルティング」で仕上げる。クッションサイズを仕上げるだけでも1週間から1ヶ月かかる。
キルト専門店やハワイみやげ店でキルトのキットが$30~$45で売られていて、それを替えばとりあえず自分で始めることは出来るが、これもウクレレ同様、基本を最初に教わっておけば後が楽。間違った自己流で進めるより、きちんと基礎を習うことをお進めしたい。